ソルトルアーの種類

ソルトルアーの種類
ソルトルアーの種類

ルアーの種類

ミノー

小魚に似せて作られたリップ付きのルアー。
何もしなければ浮いていて糸を巻くことで一定の層を泳ぐフローティングミノー、巻かないと沈んでいき巻くと浮きあがるシンキングミノー、浮きも沈みをせず水中で浮遊するサスペンドミノーを中心に様々な層を攻めるのに適したものが発売されている。
最も基本的なルアーで、サイズを変えればシーバス、ヒラメ、タチウオ、メバル、アジ、青物、根魚などに万能的に使える。

ペンシル

その名の通りエンピツのような形をした細長いルアー。
ミノーと同じようにシンキングタイプやフローティングタイプがある。
バチ抜け(ゴカイ類が水中を泳ぎまわる現象)シーズンのシーバスによく使われる。

バイブレーション

糸を結ぶ穴が背中に付いていて、糸を巻くろボディーをブルブルと振動させながら泳ぐ。
アピール力が強くシーバス釣りでよく使われる。
ボディーの中にラトルと呼ばれる玉が入っていて巻くと音がでるタイプもある。

ポッパー

凹型のヘッドを持ち、表層を泳ぐルアー。
ボコボコと音を立てながら水しぶきを上げ泳ぐ姿は小魚が捕食されている様子を再現している。
シーバスやチヌからシイラ、GTなどの超大型魚にまで使われる。

メタルジグ

小魚に似せ金属せ作られたルアー。
重量がありスリムなため遠投に優れ他のルアーでは届かないポイントでも狙うことができる。
イナダやカンパチなどの青物を中心にタチウオ、カマス、アジ、メバル、シーバスなどに使われる。
深いところを攻めるのに適していることから船釣りやボート釣りでもよく使われる。

ソフトルアーの種類
ソフトルアーの種類

エギ

もともとは漁具として使われていた和製のルアー。
アオリイカを中心にヤリイカ、コウイカなどのイカ類やタコを狙うことができる。
シャクって落すのが基本的な動作。

ソフトルアー

ソフトプラスティックなどの柔らかい素材で作られたルアー。
それ自体ではあまり重量がないのでジグヘッドなどの錘と組み合わせて使うことが多い。
ワームの形はゴカイを模したもの、小魚を模したもの、甲殻類を模したものなどがある。
メバル、カサゴ、ソイ、アイナメなどの根魚やアジ、チヌ、ヒラメ、マゴチ、タチウオによく使われる。

スポンサーリンク