リールの種類と性能

種類と用途

リールの種類
リールの種類

海釣りで使われるリールを大ざっぱに分けるとスピニングリール、ベイトリール(両軸リール)、片軸リールに分かれます。

スピニングリール

最もよく使われるリールで、投げ釣り、ウキ釣りからルアーフィッシングまで万能的に使えます。
また他のリールと比べるとトラブルを起こしにくく初心者でも扱い安いリールです。
一方、巻き上げ力はそれほど強くなく船釣りで深場を狙う場合はほとんど使われません。

ベイトリール(両軸リール)

沖釣り、バス釣り、ルアーフィッシング(バス、ライギョ。ロックフィッシュなど)、カゴ釣り、石鯛釣り、トローリングなどで使われるリールです。
スピニングリールよりも頑丈にできており、重い仕掛けを扱ったり大物とやりとりするのに適しています。
難点としては軸の回転が過剰になって糸ふけの発生するバックラッシュという現象が起きやすくキャスティングが難しい事や余り軽い仕掛けだと投げづらい事があります。
船釣りではバッテリーがついていて自動で巻き上げてくれる電動の両軸リールがよく使われます。

形軸リール

最もシンプルなリールで、黒鯛や根魚狙いの前打ち・落とし込み釣りやフライフィッシングで使われます。
糸が一直線になり余計な糸を出さないので細かいアタリを取りやすいいう利点がある一方、巻き上げる力を弱めでキャスティングには向いていません。

リールの性能

リールのスペック表(シマノ)
リールのスペック表(シマノ

上の表は某シマノのステラという高級リールのスペック表です。
リールを買う際にはどこを参考にすればよいでしょうか。

糸巻き量

スプールに巻くことのできる糸の限界量です。
投げ釣りの場合200m、シーバスや青物狙いのルアーフィッシングの場合150m、ウキ釣りやエギングの場合100m、アジング・メバリングの場合70mぐらいが目安となります。
同じ号数でも素材によって巻ける量が違ったりするので注意が必要です。

自重

字の通りリール自体持つ重さです。
ブッコミ釣りなどの場合はさほど気にする必要はありませんが、キャスティングを繰り返す釣りでは軽いものを選ばないと疲れます。

ドラグ

多くのリールには一定の負荷がかかった時にスプールが回転して糸が出ていくドラグという機能がついています。
大物がかかったときに瞬間的に大きな負荷がかかってラインが切れてしまうのを防ぐためのものです。
使うラインの強度3分の1から2分の1くらいの負荷がかかった時にラインが出ていくように調整しておきます。
上の図にある最大ドラグというのはドラグを限界まで締めた状態でこれだけの負荷をかけるとドラグが滑りだすという値で、実用ドラグ力とは調整が容易にできる範囲での最大ドラグ力です。

ギア比

リールのハンドルを一回まわした時にスプールが何回転するかの比です。
上の図ですと一回ハンドルをまわせば4.3回巻き取れることになります。早巻きしたい場合はハイギアのリールを使いましょう。

ベアリング数

ベアリングとは軸受に使われる部品のことで、これが多いの動きが滑らかになり耐久性もあがると言われています。
どれほどの違いがあるのかはよくわかりませんが、高級なリールほど多く使われる傾向にあります。

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA