【レビュー】ダイワ レブロス2004H

ダイワ レブロス2004H

レビュアーのプロフィール

30代後半千葉県在住。
20代の時は横浜市に住んでいて会社の同僚の影響で本牧海釣り施設や大黒海釣り施設でサビキ釣りを始める。
その後、同僚よりも自分のほうがハマり管理釣り場トラウトやメバル、カサゴのライトゲームのルアー釣りにも手を出す。
千葉市に引っ越してからは浦安護岸でメバル釣りがメインとなっています。

メバリングにレブロスを使う際のタックル

レブロス2004Hを使ったタックル

ロッド:メジャークラフト クロステージCRX-S702UL
リール:ダイワ レブロス2004H
ライン:ダイワ 月下美人3lb
ルアー:ダイワ 月下美人ビームスティック2.2in

 

レビュー

主にメバリング用のリールとして使用していますが、ライトゲーム全般、管理釣り場のトラウトスプーニング、ハゼやテナガエビの餌釣りにも流用しています。
同価格帯のリールはプラスチックボディだったりメッキやシールが丸わかり名ものが多い中でレブロスは黒と金色で見た目の高級感があり気に入って購入しました。
コストパフォーマンスは最高で、使用上の不満は殆どありません。強いて言えば張りのあるラインを早巻きで糸ふけを取ったときにラインローラーからずれてスプール外に絡むことが時々ありますが丁寧な使用でカバーできる範囲です。
一番気に入っているのはドラグ音で、金属の鈴のようなリンリンという音は釣具屋で他の上位機種の音と比べても特に好きです。特に私が持っている2000番台のようなレブロスの小さい番手のドラグ音はリンリンと楽器のようで可愛らしいです。
それまではワゴンで糸付きで売られているような安いリールでメバリングをしていたのですがさすがに恥ずかしくなったのでこちらに若干ステップアップしました
。他には同じダイワの上位のフリームスなどを比較したのですが、値段を2倍にしても性能が2倍になるわけではないのでその分をラインやルアーに使おうと思ったのと、店員さんもレブロスはコスパが最強と背中を押してくれたのでレブロスに決めました。

スペック

レブロスには2004H以外にも様々なラインナップがあり、アジング、エギング、ショアジギング、チョイ投げ、ウキ釣り、サビキ釣りなど色々な釣りに使用することができます。

モデル自重ギア比最大ドラグPE糸巻量ナイロン糸巻量価格
1003230g4.82kg3lb 100m0.4号100m8,000円
2000225g4.82kg3号-100m1.5号-150m8,200円
2004235g4.82kg5lb-80m0.6号-100m8,200円
2004H235g5.62kg5lb-80m0.6号-100m8,200円
2004H-DH255g5.62kg4lb-100m0.3号-150m8,700円
2500250g4.84kg3号-150m2号-150m8,600円
2506270g4.84kg6lb-100m1号-100m8,600円
2506H270g5.64kg6lb-100m1号-100m8,600円
2506H-DH295g5.64kg6lb-100m1号-100m9,000円
3000290g4.76kg4号-150m2.5号-200m9,000円
3012H295g5.66kg12lb-150m1.5号-200m9,000円
3500370g4.96kg5号-150m3号-200m9,800円
4000365g4.96kg6号-150m3号-250m9,800円

後ろに「H」がつくのはハンドルを一回まわした時により多く回転する(ラインを素早く巻き取れる)ハイギアタイプのリールで、「DH」はエギングで好まれるダブルハンドルです。