氷が溶ける心配なし。クーラーボックスのような小型冷蔵庫が発売される

夏の釣りにクーラーボックスは必須ですよね。
気温が高いなか魚をそのまま放置しておくとすぐに悪くなってしまいとても食べられたものではありません。

普通クーラーボックスを使う際は家で氷または保冷剤を入れてから出かけると思うのですが、真夏に長時間釣行するとけっこう溶けてしまいます。

そんな時はコンビニで氷を買って補充しているのですが、人里離れた磯場とか離島ではどうしょうもなくなることもあります。

しかし、これを使えばもうそうした心配をする必要はありません。

 バッテリー内蔵30Lひえひえ冷蔵冷凍庫 CLBOX30L

これはサンコーからこの度発売された携帯可能な小型冷蔵庫。クーラーボックスではありません。

4~5時間で充電してバッテリーを満タンな状態にしておけば約20時間稼働します。

家庭用のACアダプタの他、シガーアダプタも附属しているため車内での充電も可能です。

急冷モードがあるので、釣り場についてから、あるいは魚が釣れて電源をいれるというのもありです。

温度は氷点下の-20℃から20℃まで設定可能となっています。つまり冷蔵だけでなく冷凍もイケます(ただし外気温よりも50℃以上下げることはできないようになってるみたいです)。

30Lの大容量ということもあり、重いのが難点ですが、キャスター付きなので移動も容易です。

 バッテリー内蔵冷蔵冷凍庫

いかがでしょうか。

値段?

えっー、49,800円だそうです。

買えない(笑)。

釣りやアウトドア好きで尚且つリッチな方にはいいと思います。はい。