横浜・川崎のカレイ釣果情報

カレイイラスト

ブログからのカレイ釣果情報

対称地域内で釣りをされているブロガー様の新着記事(の一部)を表示させて頂いております。

横浜、川崎カレイ釣りガイド

カレイとは?

カレイ目 カレイ科の魚。何種類ものカレイが存在しますが、千葉県で陸から釣れるのは多くがマコガレイとなっています。。マコガレイの大きさは最大で50cmほど。肉食性で小型の甲殻類、ゴカイ類、貝類などを捕食します。「左ヒラメに右カレイ」という言葉があり、目が右側によっていることなどでヒラメと見分けることが可能です(一部の種類を除く)。50cm近い大型カレイは座布団カレイ、春に釣れるものは花見ガレイや戻りガレイと呼ばれることもあります。

釣り方

カレイは主にオモリの先に着いた仕掛けを遠投する投げ釣りと呼ばれる釣法で狙われます。
活発に動き回る魚ではありませんので、投げ釣りの中でも待ち釣りのスタイルが一般的で、一人で竿を2、3本出す人もいます。

カレイ用投げ釣りタックル(竿:投げ竿3.3-4.5m、リール:大型スピニングリール、ライン:ナイロン3-5号orPE1.5-2号+力糸、オモリ:海藻テンビン、ジェット天秤等15-30号、仕掛け:市販カレイ用投げ釣り仕掛けなど)
カレイ用投げ釣りタックル

タックルはこんな感じですが、足元からある程度の水深がある漁港ではルアーロッドや万能ロッドなど本格的な投げ竿以外を使用したタックルでも十分に狙うことができます。
エサは虫エサが一般的でアオイソメやイワイソメがよく使われますが、ユムシやボケを使用する人もいます。初めてやるならとりあえず安価なアオイソメを使うのがよいでしょう。
仕掛けは市販品を買ってもいいですし、装飾品等にこだわりたければ自作するのもありです。
段差仕掛け
段差仕掛け

シーズン

カレイの産卵期は12~1月頃とされ、普段深場で生活しているカレイもこの前後には浅瀬にやってくるため、陸からも狙いやすくなります。
ただ実際に産卵を行っている時はエサを余りとらなくなるらしく、産卵前の10月~12月初旬や産卵後の荒食いを行う2月下旬から4月がハイシーズンとなっています。以下はイメージです。

カレイ釣りのシーズン
カレイ釣りのシーズン

横浜、川崎でカレイが狙える釣り場

横浜、川崎でカレイがよく釣れる釣り場をいくつか紹介してみたいと思います。このエリアは工業地帯で釣り場が少ないですが、カレイのストック量は豊富です。

東扇島公園
川崎市にある公園。都心からも近いが様々な魚が狙え、カレイの魚影も濃い。1月頃に夜釣りで狙ってみても面白い。
磯子海釣り施設
横浜市磯子区にある海釣り公園。横浜には他に本牧と大黒に海釣り公園があるが、カレイならここがおすすめ。
福浦岸壁
横浜市金沢区にある岸壁。カレイの有名ポイントで、毎年安定した釣果がある。
野島沖堤
野島沖にある堤防。50㎝近い大型カレイの実績もあるので、大物が釣りたい人におすすめ。