江ノ島

江ノ島のポイント

江ノ島全景(オリンピック公園、湘南大堤防、表磯、裏磯)
江ノ島全景


神奈川藤沢市にある地続きの島。
観光地として有名で年中観光客でごった返しているが、釣り場としても人気が高く、堤防でのファミリーフィッシングから本格的な磯釣りまで様々な釣りを楽しむことができる。

  1. オリンピック公園
  2. 湘南大堤防
  3. 表磯
  4. 裏磯Ⅰ(大平周辺)
  5. 裏磯Ⅱ(松ヶ崎周辺)
  6. 釣果情報

なお、表磯と裏磯は繋がっておらず歩いて渡ることはできないので注意。
釣具屋は和田つりえさ店井上釣具店(貸し竿サービスあり)の二軒が江ノ島島内にあるほか片瀬江ノ島駅近くにもある。

オリンピック公園

江ノ島オリンピック公園ポイント図
オリンピック公園ポイント図

島内に入ってすぐのところにある公園。

投げ釣りでキス、イシモチ、カレイ、ハゼ、回遊があればサビキでイワシが狙えるくらいで釣り場としての人気は高くない。特に冬は釣り物が少なく厳しい。

湘南大堤防

江ノ島湘南大堤防ポイント図
湘南大堤防ポイント図

車道を一番奥まで進んで行ったところにある巨大な堤防。

県営駐車場に接しており、トイレや自動販売機もあり、江ノ島の中でもっともファミリー向けの釣り場となっている。しかし、そのせいもあり、暖かい時期の休日は非常に混雑する。

主な釣りものはクロダイメジナ、ソウダガツオ、イナダ、イシダイ、タコ、カワハギ、イワシ、サバ、アオリイカなど。

投げ釣りは根掛かりが多いので、ファミリーフィッシングにはサビキでアジ、イワシ、小サバを狙うのがおすすめ。

夏から秋には青物の人気が高いが、好ポイントである先端部には常連のカゴ師が入っている可能性が高い。

イシダイはテラス部分から沖に向かって投げるのがよく、意外と大物もヒットする。かなり高さがあり、普通の長さのタモでは届かない可能性があるので注意。

他にはタコがよく釣れ、夜釣りではアオリイカ狙いのエギングを行う人もいる。

表磯

江ノ島表磯のポイント
江ノ島表磯のポイント

県営駐車場を右側(大堤防と反対側)に歩いて5分程のところにある地磯。入り口から順に釜の口、水道口、鵜の糞、長磯と呼ばれるポイントがある。

なお、長磯より先は切れ目が入っており、そのまま歩いて裏磯に渡ることはできない。

主な釣りものはメジナクロダイ、イシダイ、アオリイカ、ヤリイカ、カワハギ、カサゴ、シーバス。

特にウキフカセで黒鯛、メジナを狙う人に人気が高く、石鯛も実績がある。

他にはソフトルアーやブラクリ仕掛けでカサゴなどの根魚を狙ってみても面白い。身エサを使うとよくウツボがヒットするので注意。

長磯ではイナダ、ソウダガツオ等の青物も狙えるが、裏磯に比べ回遊は少なめなようである。

裏磯Ⅰ(大平周辺)

裏磯ポイント図(大平、ボラ場、大黒の鼻、船着き場)
裏磯ポイント図(大平周辺)

長磯よりも奥の磯を裏磯と呼ぶ。
裏磯に行くには江島神社奥津宮を更に奥に進んで大平の辺りにでるか、奥津宮横の道から山を下るって松ヶ崎近くに出る。歩くのが面倒な場合は、江ノ島に入る前にある片瀬港から遊覧船弁天丸に乗るのもあり。

釣りものはメジナクロダイ、キス、スズキ、イナダ、ワカシ、ショゴ(カンパチ)、シイラ、ソウダガツオ、サバ、タチウオ、タコ、ヒラメなど。

大平は江ノ島一の人気ポイントで盛期にはカゴ釣り師で賑わうが、沖は砂地なので投げ釣りも可能。

船着場(弁天丸はここに着く)、大黒の鼻からは、弓角によるサーフトローリングやショアジギングで青物を狙う人が多い。

馬鹿島、泉ヶ崎方面ではメジナクロダイが狙え、稀にマダイもヒットする。

裏磯Ⅱ(松ヶ崎周辺)

江ノ島裏磯のポイント(松ヶ崎周辺)
裏磯のポイント(松ヶ崎周辺)

松ヶ崎方面は泉ヶ崎~大平と違い、海底は砂地が主体で、小磯といった雰囲気となっている。

投げ釣りはキス、イシモチが狙えるが、ヒイラギが多いのが難点。

ウキフカセやダンゴ釣りではクロダイがよく釣れる。

また境川の流れ込みの影響を受けるためかシーバスも多いので、ルアーを投げてみても面白い。

釣果情報

釣具店のサイトやブログ、ツイッターから「江ノ島」に関する情報を表示しています。なお個別ページの存在しないサイトのリンク先は全て釣果一覧ページとなっています。


 

※リンク付きの魚名をクリックすると魚種別の釣果情報が見れます。※釣り場の情報は誤っていたり、古くなっていたりする可能性があります。立入り禁止になっているなど大きな変化がある場合はコメント欄からお知らせ頂ければ幸いです。
平均評価: 3

8 comments:

  1. 江ノ島では湘南台堤防にてエギングもしくはオクトパッシングをメインに行っている。観光地という事もあり土日平日かかわらず人手は多いが、エギングの感触は悪くない。ただ、口うるさい常連客が数名いるため予期せぬトラブルになる可能性もある。
    堤防の一番端では夕まずめにカサゴ等の根魚がよくかかるが、ゴンズイも多いため初心者は要注意。

    評価: 3
  2. 井上釣具店さんで釣り具をレンタルして子供と一緒に堤防で釣りしました。つり自体初めてで不安でしたが、なんとか釣れました。ノベ竿でのサビキ釣りが初心者向けとの事でそうしました。結果は小サバが大量に釣れ、満足です。釣り竿代も元の状態で返すと1000円キャッシュバックだったのでお手軽に釣りが体験できて良かったです。

    評価: 4
  3. 2週連続で大堤防へ釣りに行きました。この夏はセーリングの関係で9月26日まで釣り場が縮小されております。サビキを使用し足元でのサバやアジ狙いでしたが、釣れるのは石鯛の稚魚とフグばかり。江ノ島の釣り具店の亭主曰く、サバアジの周遊は日によるそうです。

    評価: 3
  4. アジング×、エギング×、穴釣り×、メバリング×、サビキ釣り△(アジは少なくカタクチイワシか小サバが多い)、投げ釣り△、カゴ釣り・ショアジギング〇、クロダイ〇、タコ〇。そんな釣り場です。

    評価: 3
  5. 観光名所なのでどこも大混雑。真冬以外の休日は場所取りが大変です。その中でもオリンピック公園(北緑地)は割と空いていて手すり、トイレも近くにあるのでファミリーフィッシングにおすすめです。水深があまりないので大物は釣れませんが、ちょい投げでヒイラギ、ピンギスなどが釣れます。

    評価: 3
  6. 湘南の人気釣り場。ですが、あまり釣れません。
    特に湘南港なんかは魚より人の方が多いという説もあります。
    裏磯へは島に入ったら真っ直ぐ神社の参道を進み、階段の手前、交番のとこで曲がって奥津宮まででて、山を下るのが近いんじゃないかと思います。

    評価: 2
  7. 10月にワカシ~イナダって随分遅いですよね。大体そのサイズだと6月末~のイメージです。やはりシラス漁でベイトを採りまくってのが悪影響を出してるのでしょうか?片瀬漁港が出来る前は8月頃には産卵サイズのサバが入って居たと記憶しています。

  8. 今週初めですが裏磯でイナダ(ぎりぎりワカシ?)釣れました。ただカゴ釣りの人も弓角やジギングの人も多かったけど数はあまりでてなさそうでした。他にはソウダがポツポツ★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


※コメントは承認制です。