湘南・西湘・真鶴のアオリイカ釣果情報

イカのイラスト

ブログからのアオリ釣果情報

対称地域内で釣りをされているブロガー様の新着記事(の一部)を表示させて頂いております。

湘南・西湘・真鶴のアオリイカ釣りガイド

アオリイカとは?

ヤリイカ科アオリイカ属に属するイカ。北海道以南の日本各地、西太平洋からインド洋の熱帯・温帯域に広く分布。通常は深場に生息するが、春から初夏にかけて産卵のために沿岸の浅い岩礁帯にやってくる。エビや小魚を捕食。体重は最大で5kgになり、大きな半円形のひれを持つのが特徴。バショウイカ(静岡)、アキイカ(京都)、モイカ(四国)、ミズイカ(九州)、シロイカ(沖縄)などの地方名がある。

釣り方

エギングと呼ばれる一種のルアーフッシングかアジ等の小魚を餌にした泳がせ釣りで狙う。

エギングのタックル(ロッド:エギングロッド7-9ft、リール:スピニングリール2000-3000番、ライン:PE0.8-1.2号、リーダー:フロロカーボン1.5-3号、ルアー:エギ)
エギングのタックル

泳がせ釣りにはウキ釣りとヤエン釣りがあるが、イカをかけるハリを後から投入するヤエン釣りは難易度が高い。
アオリイカのウキ釣りタックル(竿:磯竿2-3号、リール:スピニングリール2500-4000番、ライン:ナイロン3-4号、ハリス:フロロカーボン2.5-4号、仕掛け:ウキ、ウキ止め、カラマン棒、カンナ、ハリ、中通しオモリ)
アオリイカのウキ釣りタックル

シーズン

アオリイカは春から初夏にかけて産卵を行うが、産卵を終えると多くの個体は死んでしまうと考えられている。生まれたイカが釣れだすのは秋になってからだが、冬になると深場に移動するのであまり釣れなくなる。なので小イカが釣れだす秋と産卵のために浅場にやってくる春から初夏にかけてがアオリイカのシーズンとなっている。

アオリイカ釣りのシーズン
アオリイカ釣りのシーズン

西湘・真鶴のアオリイカ釣り場

小田原や真鶴辺りでアオリイカが狙える釣り場をいくつかピックアップしてみました。→西湘・真鶴のおすすめアオリイカポイント8選

米神堤防
小田原市米神にある釣り場。泳がせで狙う人が多いのでエギングを行う場合はトラブルに注意。近くの磯も面白い。
江之浦港
小田原市江之浦にある漁港。毎年安定した釣果があり大物も期待できる。
真鶴カワウソ
真鶴半島にある地磯。真鶴では他にも様々なポイントでアオリイカを狙うことができる。。
湯河原埋立地
足柄下郡湯河原町にある釣り場。春から初夏にはかなりの大物も狙える。