茨城のヒラメ釣果情報

ヒラメ

ブログからのヒラメ釣果情報

対称地域内で釣りをされているブロガー様の新着記事(の一部)を表示させて頂いております。

ツイッターからの釣果情報



茨城県ヒラメ釣りガイド

ヒラメとは?

カレイ目カレイ亜目ヒラメ科に属する魚。日本列島各地から南シナ海まで広く分布。全長は50~1mになり、鋭い歯を持ち、左ヒラメに右カレイという言葉の通り左側に目が寄っているのが特徴。食性は肉食で小魚、イカ、甲殻類を食べる。地域によっては養殖や放流も盛んで、放流されたものは腹側に黒い紋様ついていることからパンダヒラメと呼ばれる。地方名には、テックイ(北海道)、オオバス(三重)、バカガレイ(福井)、オオグチカレ(関西)、ホンガレイ(徳島)などがある。また30cm以下のものをソゲと言う。

釣り方

アジ、イワシなどの小魚を餌に使った泳がせ釣りかミノー、メタルジグ、ジグヘッド+ワームなどを使ったルアーフッシングが主な釣り方。
船釣りでは泳がせ釣りで狙うことが多いが、陸っぱりではルアーフッシングが人気となっている。

ヒラメのルアータックル ヒラメのルアータックル(ロッド:シーバスロッド9-13ft、リール:スピニングリール3000-4000番、ライン:PE1-2号、リーダー15-22lb、ルアー:ミノー、ワーム。メタルジグ、バイブレーションなど
ヒラメのルアータックル

ヒラメのブッコミタックル(竿:投げ竿または磯竿4-5号、リール:大型スピニングリール、ライン」ナイロン5-6号、オモリ:誘導式L字天秤15-25号、エサ;小アジ、イワシなど)
ヒラメのブッコミタックル

シーズン

ヒラメの産卵期は北海道・東北で6~7月、日本海では5~6月、それ以外では2~6月頃とされており、産卵に合わせて普段深場にいるヒラメが浅場にやって来るので、陸から狙う場合はこの前後が釣りやすい時期ということになります。
しかし、それ以外の時期でも釣れないということはなく、ほぼ周年狙いことが可能です。
ヒラメはフィシュイーターですので、キス、カタクチイワシ、アジ、チアユなどの小魚の群が入っている時がチャンスとなります。
Googleトレンドで「ヒラメ」と検索してみると秋から初冬(10-1月頃)と春から初夏(5~7月頃)が検索の多い時期となっているようです。

茨城のおすすめヒラメ釣り場

茨城県内でヒラメが釣れる釣り場をいくつかご紹介します。
漁港とサーフが主なフィールドで、サーフから狙う場合は河口付近や離岸流(岸から沖への流れ)周りが好ポイントとさています。

鹿島港
神栖市、鹿島市にある巨大な港。アジ、イワシなどがよく釣れ、それを狙ってヒラメも港内に入ってくるらしく、サビキ釣りをしてたらヒラメに齧られたといった話をちらほら聞く。
那珂川河口
大洗町/ひたちなか市にある釣り場。河口部はヒラメの餌となる小魚が集まりやすく絶好のポイントとなっている。チアユが遡上する早春にはシーバスもよく釣れる。
阿字ヶ浦海岸
ひたちなか市阿字ケ浦町にある海岸。カレイもよく釣れるが、ヒラメのルアーフッシングでも人気のポイントとなっている。夏は一部が海水浴場となるので注意。
長浜海岸
北茨城市にある海岸。北茨城エリアはヒラメの魚影が濃く、釣り番組の撮影に使われることも多い。ただ海岸が広大すぎてポイントが絞り込み辛いという難点もある。