関東のヒラメ釣果情報

このグラフは下の釣果情報を釣具店等のサイト経由を1、ブログ経由を0.5として7日間毎に数え上げたものです。単純な仕組みですが「今釣れているか」の目安になればと思います(読み込みに多少時間がかかることがあります)。

釣具店からの情報


ブログからの情報


関東ヒラメ釣りガイド

ヒラメとは?

カレイ目カレイ亜目ヒラメ科に属する魚。日本列島各地から南シナ海まで広く分布。全長は50~1mになり、鋭い歯を持ち、左ヒラメに右カレイという言葉の通り左側に目が寄っているのが特徴。食性は肉食で小魚、イカ、甲殻類を食べる。地域によっては養殖や放流も盛んで、放流されたものは腹側に黒い紋様ついていることからパンダヒラメと呼ばれる。地方名には、テックイ(北海道)、オオバス(三重)、バカガレイ(福井)、オオグチカレ(関西)、ホンガレイ(徳島)などがある。また30cm以下のものをソゲと言う。

釣り方

アジ、イワシなどの小魚を餌に使った泳がせ釣りかミノー、メタルジグ、ジグヘッド+ワームなどを使ったルアーフッシングが主な釣り方。
船釣りでは泳がせ釣りで狙うことが多いが、陸っぱりではルアーフッシングが人気となっている。

ヒラメのルアータックル ヒラメのルアータックル(ロッド:シーバスロッド9-13ft、リール:スピニングリール3000-4000番、ライン:PE1-2号、リーダー15-22lb、ルアー:ミノー、ワーム。メタルジグ、バイブレーションなど
ヒラメのルアータックル

ヒラメのブッコミタックル(竿:投げ竿または磯竿4-5号、リール:大型スピニングリール、ライン」ナイロン5-6号、オモリ:誘導式L字天秤15-25号、エサ;小アジ、イワシなど)
ヒラメのブッコミタックル

シーズン

ヒラメの産卵期は北海道・東北で6~7月、日本海では5~6月、それ以外では2~6月頃とされており、産卵に合わせて普段深場にいるヒラメが浅場にやって来るので、陸から狙う場合はこの前後が釣りやすい時期ということになります。
しかし、それ以外の時期でも釣れないということはなく、ほぼ周年狙いことが可能です。
ヒラメはフィシュイーターですので、キス、カタクチイワシ、アジ、チアユなどの小魚の群が入っている時がチャンスとなります。関東での陸っぱりヒラメのシーズンは自分のイメージではこんな感じです。

ヒラメ釣りのシーズン
ヒラメ釣りのシーズン

関東のヒラメ釣り場

茨城、南房総、外房、九十九里、湘南、西湘→よく釣れる。内房、三浦半島→いまいち。東京湾奥部→めったに釣れない。