広島のチヌ釣果情報

クロダイ

ブログからのチヌ釣果情報

対称地域内で釣りをされているブロガー様の新着記事(の一部)を表示させて頂いております。

広島でチヌの狙える釣り場

クロダイとは?

地方名

東京でチンチン→カイズ→クロダイ、関西を中心にチヌ、チヌゴ→サイ→チヌ(愛媛)、オオグロ(高知)、チンノイオ(鹿児島)などなど。大型のものを年無しと言う。

食性

雑食で、普段は甲殻類、貝類、海草などを食べている。釣りエサとしてはオキアミ、イソメ類ユムシ、カラス貝、タンクガニ、サナギ、コーン、スイカなどが使われる。

釣り方

ウキフカセ、ダンゴ釣り落とし込み投げ釣りカゴ釣り、ルアーフィシィング。

生態

沖縄を除く日本各地、朝鮮半島南部、中国の中部、台湾に分布。内湾の砂泥底や磯、河口の汽水域を好んで生息。体長は成魚で30~50cm、まれに60cm以上に達する。成長は遅く、40cmを超えるまでには9年ほどかかると言われている。産まれた時は全てオスだが、4~5歳になると多くの固体はメスに性転換する。釣り人からのっこみ言われる産卵期は3~6月頃。似た魚にヘダイ、キチヌ(キビレ)、ミナミクロダイがいる。