アジングロッド

アジング

アジングロッドの特徴

長さ

アジングでは主に6~7.6ft(1.8~2.3m)ぐらいのロッドが使われます。
軽いルアーを扱うことが多いのでロッドは短い方が操作しやすいのですが、遠投が必要な場合や磯などで足元に根の多い場合は長めのロッドを選ぶのがよいでしょう。

硬さ

メーカーにより表記は様々ですがアジング専用として売られているロッドにはUL(ウルトラライト)、L(ライト)などの硬さのものがラインナップされていると思います。
これは要はどのくらいまでの重さのルアーを扱えるかということなので、ジグヘッド+ワームしか使わないならうUL、メタルジグも投げるならLといった具合に使うルアーに合わせて決めます。

ソリッド?チューブラー?

アジングロッドには穂先の中身が詰まっているソリッドタイプと空洞なチューブラータイプがあります。
ソリッドはしなやかで食い込みがよく、チューブラーは高感度で小さなアタリも感知しやすいのが特徴だといわれています。
どちらがいいかは好みの問題ですが、アジング用として発売されているロッドにはソリッドタイプの方が多いようです。

メバリングロッドやトラウトロッドではだめか?

メバリングロッドとアジングロッドではメバリングロッドの方がやや柔らかめに作られているような感じがありますが、扱うルアーの重さもほぼ同じですし全然使えます。
トラウトロッドも適合ルアーウエイトが合っているものなら問題なく使用可能です。
もしすでにこれらのロッドを持っているならとりあえずそれでやってみて、アジングにハマったら専用ロッドも考えるのでよいのではないかと思います。

人気のアジングロッド


メーカーモデル名自重カーボン先径/元径ルアー参考価格
ダイワアジング X72L-S11587%0.9/9.90.5-810,500
ダイワ月下美人AJING71UL-S9190%0.8/9.40.5-414,200
ダイワ月下美人 MX AJING64.5L-S7096%0.9/9.90.5-814,200
メジャークラフト SPS-S702AJI0.6-1022,000
メジャークラフト TZS-S742AJI0.6-1032,000
シマノSoareBBアジングS704LS7698.9%0.8/11.50.5-1215,000
シマノSoareSSアジングS704LS7799.6%0.8/12.20.6-1226,000
アブガルシアSTAS-692LS-KR9398%0.8/8.30.2-516,500