横浜のおすすめカレイ釣り場

横浜市内でカレイがよく釣れる釣り場をまとめてみました。横浜の沿岸は工業地帯となっているため立入り禁止のところが多く、釣りをできる場所はそれ程ありませんが、カレイの魚影は濃く大物も狙えます。釣り方は基本投げ釣り。シーズンは10~4月頃となっています、

ふれーゆ裏

ふれーゆ裏のポイント
ふれーゆ裏のポイント

鶴見川河口横に位置する釣り場。
広々としており船の出入りもないので待ち釣りが基本となるカレイ釣りには向いている。

横浜沖堤防

横浜沖堤ポイント図
横浜沖堤ポイント図

横浜港に浮かぶいくつかの堤防の総称。
画像はベイブリッジ下のポイントで、カレイはチョイ投げでも狙える。渡船は新山下の渡辺釣船店鈴木釣船店山本釣船店を利用。

山下公園

山下公園ポイント図
山下公園ポイント図

中区山下町にある公園。
観光スポットとして有名だが、釣りもできる。ただし昼間の釣りなので観光客に話しかけられたくない人はやめておいたほうよい。

本牧海釣り施設

本牧海釣り公園ポイント図
本牧海釣り公園ポイント図

本牧にある海釣り公園。
釣り安い環境になっているので初心者にもおすすめ。料金は大人900円、中学生450円、小学生300円。

幸浦岸壁

幸浦のポイント
幸浦のポイント

金沢区にある岸壁。
隣の福浦と比べるとマイナーだが、そこそこ釣れる。

福浦岸壁

福浦岸壁(金沢三号地)のポイント
福浦岸壁(金沢三号地)のポイント

幸浦の隣にある岸壁。
カレイの有名ポイントでシーズン中は多くの釣り人で賑わう。ヒトデが多いのが難点。

野島沖堤

野島沖堤防ポイント図
野島沖堤防ポイント図

八景島沖にある堤防(正確には横須賀市?)。
座布団サイズと呼ばれるような巨大なカレイが狙えるポイントとして知られる。渡船は野島公園近くの村本海事を利用。

 

スポンサーリンク