サビキ釣りの仕掛け

サビキ釣りの仕掛け
サビキ釣りの仕掛け

上カゴ?下カゴ?

サビキ釣りの仕掛けにはサビキの上にコマセ袋を付けるタイプと仕掛けの一番下にオモリ付きのコマセカゴを付けるタイプがあります。
下カゴは深い場所を狙うのに有利な感じがありますが、正直どちらでも釣れます。
関東では上カゴ、関西では下カゴがよく使われるようです。

トリックサビキ

コマセカゴをつけずに空ハリにアミアミエビを擦り付けて使うのがトリック仕掛けです。
こんなんで釣れるのか?と思われるかもしれませんが、特に喰いが渋いときにはかなり有効です。
仕掛けはアミをかけやすいように二重ハリになっていることが多いです。エサ付けには下のようなスピードエサ付け器を使います。

ウキサビキ

サビキの仕掛けのそのままウキを付けたら沖目も狙えるのでは?というのがウキサビキです。
元の仕掛けにオモリ負荷にあったウキとシモリ玉を装着してウキ止めを結べば完成です。

仕掛けの作り方

サビキを自作するのはけっこう大変なので多くの人は市販品を買っていると思います。
というとで仕掛けの上部に道糸を結び、コマセカゴを付け、底にナス型のオモリを装着すれば完成です。
結び方は普通にユニノットやクリンチノットでオーケーです。

サビキ針の種類

サビキ種類
サビキ種類

サビキ針には様々な種類のものがあります。
陸からアジやイワシを狙うときによく使われるのはバケ皮などの魚皮系とゴム素材のスキン針です。
その時々によってアタリバリがあるので複数種類持っておくと安心です。

仕掛けセット

こんな感じで全てセットになった仕掛けも販売されているので初めて方にはオススメです。

スポンサーリンク