釣り糸の結び方3選

釣り糸の結び方ってすごい種類がありますが、使う頻度の高そうな結び方をピックアップしてみました。

ルアー・サルカンとラインを結ぶ

ユニノット
ユニノット

ルアーとラインやサルカンとハリスや道糸を結ぶ時に使える結び方です。
①サルカンに糸を通す。
②糸を折り返して交差させ、輪をつくる。
③本線と輪の内側の糸に端糸を5回ぐらい巻き付けていく。
④端糸を軽く引いてから本線をゆっくりと引き、余った糸を切る。

ラインとラインを結ぶ

電車結び
電車結び

今度はラインとラインを接続する時に使う結び方です。
ナイロンとナイロン、フロロとフロロ、PEとPEはもちろん、PEとフロロなどにも使えますが、PEと他のラインは相性が悪いので大物を狙う場合はFGノットなどを使った方がいいかもしれません。
①接続したい糸を平行に重ねる。
②片方の糸を折り返して輪をつくる。
③輪の内側の糸ともう一方の糸に端糸を4、5回巻き付ける。
④端糸と本線をゆっくりと引いて結び目をつくる。
⑤反対側も同じようにして結び目をつくる。
⑥両方の本線を引いて結び目同士を結合させ、余った糸を切る。

ハリとラインを結ぶ

外掛け結び
外掛け結び

こちらはハリとハリスを結ぶときに使う結び方です。
ちなみに簡単に↓が簡単にできるハリ結び器みたいな道具も売っています。
①ハリと糸を平行に持って、ハリ先で輪をつくる。
②輪が崩れないように指せ抑えながら、ハリの軸と本線に端糸を5、6回巻き付ける。
③端糸をを最初に作っておいた輪に通す。
④端糸と本線をゆっくりと引き、本線の糸がチモト(ハリの軸)の内側にくるよう調整。位置が定まったらきつく締め、余分な糸を切る。

以上です。とりあえず画像が下手すぎましたね。

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA