江ノ島 

江ノ島全景
江ノ島全景

江ノ島のポイント概要

観光地として有名な江ノ島だが、釣り場としても人気が高く、堤防でのファミリーフィッシングから本格的な磯釣りまで楽しむことができる。
釣り場は大きく分けて以下の3つに分かれる。
1、大堤防
2、表磯
3、裏磯
表磯と裏磯は繋がっておらず歩いて渡ることはできない。
釣具屋は和田つりえさ店井上釣具店の二軒が江ノ島島内にあるほか片瀬江ノ島駅近くにもある。

湘南大堤防

江ノ島大堤防ポイント図
江ノ島大堤防ポイント図

県営駐車場に接しておりアクセスは抜群。
トイレや自動販売機もあり、江ノ島の中でもっともファミリー向けの釣り場となっている。
しかしそのせいもあり、暖かい時期の休日は非常に混雑する。
堤防の外洋側は一段高いテラスなっており、普通の長さのタモでは届かない可能性がある。
主な釣りものはクロダイメジナ、ソウダガツオ、イナダ、イシダイ、タコ、カワハギ、イワシ、サバ、アオリイカなど。
全体として場荒れしている感は否めないが、テラスからのカワハギ、先端部のイシダイは以外と釣果がでいる。

表磯(江ノ島)

江ノ島表磯ポイント図

県営駐車場を右側(大堤防と反対側)に歩いていけば5分ほどでたどり着く。
入り口から順に釜の口、水道口、鵜の糞、長磯と呼ばれる磯場が続く。
長磯より先は切れ目が入っており、歩いて裏磯に渡ることはできない。
主な釣りものはメジナクロダイ、イシダイ、アオリイカ、カワハギ、カサゴ。
黒鯛、メジナ狙いの釣り人が多い。
イナダ、ソウダガツオ等の青物も長磯で狙えるが、裏磯に比べ回遊が少ないようである。
足場が低いところが多いので荒れた日には要注意!

裏磯(江ノ島)

江ノ島裏磯ポイント図

裏磯に行くには江島神社奥津宮の横の道から山を下るか、江ノ島に入る前にある片瀬港から遊覧船弁天丸に乗る必要がある。歩いた場合神社から10分ほどでいけるが、多少の山道なので荷物は軽めにしておいた方がいい。
主な釣りものはメジナクロダイ、キス、スズキ、イナダ、ワカシ、ショゴ、ソウダガツオ、サバなど。
特に、大平は江ノ島一の実績ポイントで盛期にはカゴ釣り師で賑わう。
船着場(弁天丸はここに着く)、大黒の鼻からは、弓角によるサーフトローリングやショアジギングで青物を狙う人が多い。
大平、船着場、便所下は底が砂地なので、投げ釣りでキスやイシモチを狙うことも可能である。
馬鹿島、泉ヶ崎方面ではメジナクロダイ、マダイが狙える。

アクセス

電車での釣行の場合小田急の片瀬江ノ島駅から徒歩20分。江ノ電の江ノ島駅または湘南モノレールの湘南江ノ島駅をから徒歩25分(湘南大堤防まで)。
車は大堤防手前の県営駐車場を利用(5時~21時30分、一時間300円)。
 

スポンサーリンク

 

※リンクの貼ってある魚名をクリックすると最新の釣果情報が見れます。
※当サイトに掲載されている釣り場には釣り禁止区域が含まれている場合があります。各自適切にご判断下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA