茨城のヒラメ釣果情報

ヒラメ

ブログからのヒラメ釣果情報

ここにブログ記事を表示したい場合はこちらのフォームからお願いします。自薦他薦は問いませんが対象地域内の釣行記事が掲載されている場合に限ります。

ツイッターからの釣果情報


茨城でヒラメが狙える釣り場

スポンサーリンク

 

ヒラメとは?

呼び方

テックイ(北海道)、オオバス(三重)、バカガレイ(福井)、オオグチカレ(関西)、ホンガレイ(徳島)など。
30cm以下のものをソゲと言う。

食性

フィシュイーターとして知られ、小魚、イカ、甲殻類を食す。
小型のものはゴカイなども食べるが大型になるにつれ魚食の割合が増えていく。
釣りエサとしてはアジやイワシがよく使われる。

釣り方

泳がせ釣り、ルアーフィッシング、ブッコミ。
船からは泳がせ釣り、陸ではルアーフィッシングが人気。

生態

日本列島各地から南シナ海まで広く分布。
全長は50~1mになり、鋭い歯を持つ。
左ヒラメに右カレイという言葉の通り左側に目が寄っている。
産卵期は北海道・東北で6~7月、日本海では5~6月、それ以外では2~6月頃とされる。
養殖や放流も盛んで、放流されたものは腹側に黒い紋様ついていることからパンダヒラメと呼ばれる。