木更津沖堤防

木更津沖堤のポイント

木更津沖堤ポイント図
木更津沖堤ポイント図

釣り場概要

千葉県木更津市の木更津港沖に位置する堤防郡。
A、B、C、D堤と呼ばれる4個の堤防があり、総延長は約3300Mにもなる。
 
 
主な釣りものはキス、イシモチ、カレイ、アイナメ、カワハギ、カワハギ、メバル、アジ、サバ、イナダ、シマダイ、クロダイ、マゴチ、シーバス
 
黒鯛は長い堤防を利用した落とし込み釣りが非常に盛ん。
エサにはストロー虫やタンクガニを使いヘチを探りながら釣り歩く。
夏ごろにはシマダイサイズ中心だが石鯛も喰ってくる。
 
冬にはアイナメも同様の釣法で狙うことができる。
 
投げ釣りでは夏にキス、冬にカレイが狙える。
遠投は不要でチョイ投げで十分釣果がでる。
 
ルアーではシーバスがメインターゲット。
夏~秋にかけてはイナダなどの青物が廻ってくることもある。
 
他にはハゼを活きエサに使ったマゴチ釣りも面白い。
 
渡船は木更津港の宮川丸栄宝丸を利用する。
 

スポンサーリンク

 

※リンク付きの魚名をクリックするとブログから抽出した最新の釣果情報っぽいものが見れます。
※釣り場の情報は誤っていたり、古くなっていたりする可能性があります。立入り禁止になっているなど大きな変化がある場合はコメント欄からお知らせ頂ければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA