アジングの仕掛け集

ジグヘッド+ワーム

ジグヘッド+ワーム
ジグヘッド+ワーム

アジングで最もよく使われるのは、ジグヘッドにワームを装着しただけの単純な仕掛けです。
ジグヘッドにラインを結ぶだけなのでつくるのは簡単ですね。

スプリットショットリグ

スプリットリグ
スプリットリグ

ジグヘッドだけでは飛距離が出ないので遠投したい時は、ジグヘッドの数十cm上にスプリットシンカー(単にガン玉でも大丈夫です)を追加します。

キャロライナリグ

キャロライナリグ
キャロライナリグ

さきほどのスプリットショットリグとほぼ同じように見えますが、キャロライナリグではシンカーが固定されておらず遊動するのが特徴です。

遠投ウキ(フロート)

フロートリグ
フロートリグ

先ほどの仕掛けでは遠投はできるようになりましたが、仕掛けが重いため表層付近を攻めるのには適していません。
そこで遠投したいかつ表層を攻めたい場合は図のような遠投ウキを使います。

ダウンショットリグ

ダウンショットリグ
ダウンショットリグ

そんなに使っている人は多くないと思いますが、水深のある釣り場でボトム中心に攻めたい時は図のような底にオモリを付けたダウンショットリグを使うこともできます。

ハードルアー(メタルジグなど)

ハードルアー
ハードルアー

アジはワームだけではなくハードルアーでも釣ることができます。よく使われるのは小型のメタルジグ、スプーン、ミノーです。

ラインとリーダーの結び方

フロロカーボンライン、エステルライン、ナイロンラインを使う場合は、ジグヘッドまたはスナップに直結で問題ありませんが、PEラインを使う場合は先端に1mほどリーダーを結ぶ必要があります。
結び方は、FGノット、電車結び、ノーネームノットなどが使われます。
電車結びがもっとも簡単で、アジ狙いなら強度的に問題ありませんが、結び目が大きくなるのが難点です。

電車結び
電車結び

ノーネームノット
ノーネームノット

スポンサーリンク